葬儀の業界で働く

葬儀における資格について

葬祭業界での葬儀資格

葬儀をするときほど、葬祭業界のプロを頼ることはありません。普段慣れていないと、式でまず何をしたらいいのかなど、わからないことばかりで困りがちです。そんな時はその道のプロに相談しながら進めていきましょう。的確な意見がスピーディーにいただけます。さて、葬祭業界の資格があります。たくさんあるそうですが、中でも、葬祭ディレクターは、2級で2年以上の実務経験が必要になり、1級では、5年以上の実務経験が問われるそうです。簡単には取得できないということですね。葬儀はこういったプロの方たちによって、思い出深い素晴らしい最期の時を、作っていってもらってると言っても過言ではありません。

葬祭業界で働くための資格とは

葬儀には多くの人がかかわり、働いています。その中で、特に専門的知識を有したい人のために、厚生労働省認定の資格制度があります。それが、葬祭ディレクターです。この試験を経れば、技能と知識が一定基準であると認められるのです。葬祭業界に長く籍を置きたいならば、ぜひ取っておきたい資格です。内容としては、個人葬に関する2級と、社葬まで取り扱うことができる1級とがあります。試験は学科と実技の両方が行われ、実技試験では、幕張・司会・接遇を行った後、実技筆記試験が行われます。筆記・実技ともに70%以上が合格ラインとされています。葬儀について事前にしっかり学んでおけば、決して難しいものではないでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の最近の市場動向とは All rights reserved