葬儀の外資系企業

葬儀の業界にも変革が必要

葬儀の業界にも外資系企業の参入

産業構造が抜本的に変わりつつある現代日本では、葬祭業界にも異業種をも含め、外資系企業も業界に参入することが活発化しています。日本での葬儀ビジネスの市場は大きく、まして、世界最速のスピードで高齢化が進んでいる現状がありますので、さらに拡大している。とりわけ、不況をきっかけに一般消費者が低価格志向を示すことになり、業界の内部の勢力図が大きく書き換えられつつあります。従来の葬儀社では、経費に90%もの利益を上乗せする業者もあり、さらに、僧侶や生花店などから紹介料を受け取るケースもあって、消費者には過剰な負担が強いられていたのが実際です。葬祭業界は変革の時代に直面しています。

葬祭業界に進出する外資系企業

お葬式は、思いもかけず突然、行わなければならないこともあります。そのような慌ただしい中で、遺族がお葬式の契約をするので、どうしても契約は葬儀社のペースになってしまう場合が多いのです。したがって価格交渉がきちんとできずに、後悔が残る場合があります。そのような葬祭業界の欠点を正して「お葬式は全て生前予約でおこなう」ことを基本として、料金が不透明な日本のお葬式システムに参している外資系企業があります。この企業は、葬儀の契約は生きているうちにするので、落ち着いて交渉が出来、遺族に迷惑をかける事がないので、システムが分かり約捨て業績を伸ばしています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の最近の市場動向とは All rights reserved