葬儀のお勉強です

葬儀のことならお任せ

大きく変化している葬儀

葬儀は、遺族が死者に対して最期のお別れを告げる場ですが、長く続く経済不況や少子高齢化、宗教観や死生観の急激な変化により、儀礼や葬送方法に対する考え方が大きく変化しています。その為、過去には盛大な祭壇でより多くの方に弔って貰う事を目的とした時代もありますが、現在では故人の意思を尊重した音楽葬や自由葬、密葬などの葬儀が行われるだけで無く、樹木葬や海洋葬、宇宙葬など多種多様な葬送方法も徐々に増えています。

葬儀の式場は故人にあわせて

葬儀は故人のためだけではなく残された人たちの心の整理のためでもあるお別れの儀式です。だからといって遺族の意見だけで勝手に挙げるわけにはいきません。あくまで送り出されるのは故人ですので、故人の死生観、宗教観にあった弔い方をしてあげた方が良い別れになります。日本において葬儀は大体仏教形式が多いと言われていますが、キリスト教や神道などといった宗教の信者もおり、宗派もさまざまです。身内の信仰は普段から把握しておくのが良いでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の最近の市場動向とは All rights reserved